妊活と生理周期-生理について意外と知らないこと


catch103

 

毎日8時間寝る人は、人生の3分の1を寝て過ごしていることになります。

90歳まで生きるとすると、30年間は眠っているのです。
そう考えると、少々高価な寝具や枕を買っても、良質の睡眠を得ることができれば賢明な買い物と言えるかもしれません。

同じように女性で考えると、毎月約5日間は月経期間で、40年間生理があるとすると、一生の間に約6年半も生理の日があることになるのです。

改めて、生理の意味や生理周期について復習しておきましょう。

 

 

●生理と月経

子宮の内側には子宮内膜という薄い膜があって、受精卵が着床しやすいように厚くなっていきます。
しかし、受精に至らなかった時は、排卵から約2週間後に厚くなった子宮内膜をいったん捨てて、次の排卵・着床の準備にかかります。

厚くなった子宮内膜を子宮の外に排出する時に出血が伴います。この出血を伴う現象を「生理」と言います。

医学用語では「月経」と表現します。生理は一般的に使う俗語で、月経と言うよりは何となく上品に聞こえ、若い女性は生理という表現をよく使います。
英語で「メンス」(Menstruation)とも言います。

つまり生理とは、妊娠しない時に毎月決まって起こる子宮からの正常な出血です。
一般的には生理は、57日間続きます。
出血量は2日目がピークで、その後徐々に減っていきます。

 

 

●生理周期の簡単な計算

昔に授業で習った生理周期は平均28日でした。
独身の男性も、生理周期と言うと2829日と思い込んでいます。

では一度、ここで生理周期を計算してみましょう。

 

1.生理の開始日を最低2回(例えば前回と前々回)、さかのぼって思い出します。

2.1回目の生理開始日を1日目と数え、次の生理開始日の前日までの日数を数えます。

これだけです。出て来た数字が生理周期です。

(例)
1
回目の生理開始日が101日とします。

2回目の生理開始日が1030日であれば、生理周期は29日となります。

 

より正しく知るには、直近4回分の生理開始日を記録しておき、それぞれの生理周期の平均値を算出します。

排卵日を正確に知るには、この方法ともうひとつ基礎体温を測ります。
生理周期と基礎体温データを合わせて、より正確な排卵日や体の変化を知ることもできるのです。

 

 

●正常な月経とは

生理周期がわかったら、その周期が正常かそうでないのかを判断してみます。

1.正常な月経 (2538日周期)

周期が2538日の範囲であれば正常です。
そして1回の周期が6日以内の誤差であれば正常周期と定義されます。
生理の期間は平均57日で1回の量は140mlぐらいまでです。

2.希発月経 3990日周期)

正常な月経より長い月経です。
無排卵症周期といい、排卵が正常にできない可能性があります。

3.頻発月経 (24日以内)

1ヶ月の間に複数回生理がくる状態です。
排卵が不安定になっており、更年期の女性によく見られます。 

4.不整周期月経 (上記の13)に当てはまらない) 

周期に傾向が無く、統一されていない状態です。
生理不順と呼ぶこともあります。

妊娠していないのに生理が3ヶ月以上こない場合は、無月経の可能性があります。
これらの周期の乱れは、ストレスや生活習慣の変化でホルモンバランスが狂っていることも考えられます。

正常な周期でない場合は、一度婦人科で診てもらうことをお薦めします。

 

 

●月経周期から分かる体の変化

生理が始まる前は体が重く感じ気分がすぐれません。
生理中はイライラしたり、体と心が乱れます。

この症状には、2種類の女性ホルモンが関係していると言われています。

卵胞ホルモン
女性らしさをつくるホルモンで、自律神経の働きに関与しています。

子宮内膜を厚くしたり、基礎体温を下げる作用があります。

黄体ホルモン
受精卵の着床を助け、妊娠しやすい体質に変えます。
基礎体温を上げる作用があります。

生理の開始から終わりまでに、卵胞期→排卵期→分泌期(黄体期)→月経期とサイクルに合わせて、2種類のホルモンの分泌量が増減を繰り返します。

 

 

(卵胞期)

卵胞ホルモンは「美のホルモン」とも呼ばれます。
このホルモンが多く分泌される卵胞期は、心身共に安定し女性らしさが現れる時期です。

(排卵期)

黄体ホルモンが増える排卵期は、妊娠をするために身体が変化する期間です。
そのため、イライラしたり感情が高ぶったり、便秘や肩こり、むくみなどの症状が起こりやすい期間です。
黄体ホルモンの影響でニキビや吹き出物が現れ、余計に気分がすぐれない期間です。

(分泌期)

黄体期とも呼ばれ、黄体ホルモンが多く分泌される期間です。
基礎体温が高く続く期間でもあります。
排卵期と同じように自律神経が乱れてイライラしたり、攻撃的になることもあります。
この期間はできるだけリラックスするように心がけます。

(月経期)

月経期は生理により貧血の傾向があります。
鉄分を摂るように心がけます。

生理が終わるころには、卵胞ホルモンが増え、心身ともに安定してきます。

 

 

●まとめ

排卵に異常がある時は、月経以外の出血が時々みられます。(不正出血)

月経の時の出血がいつもより少なかったり、逆に多量の出血がぐずぐずと続いたりするとき、機能性子宮出血の可能性があります。婦人科でホルモン剤での治療が必要です。

子宮にポリープや子宮筋腫、感染症(クラミジアなど)などの発症により、子宮や膣に出血の原因がある場合があります。
この不正出血を器質性出血と呼びます。

クラミジアという細菌の感染では、子宮頸管炎、卵管炎、卵管周囲炎などを発症します。
正常な妊娠に影響を与える恐れがあります。

不正出血の場合は、早めに診察を受けることをお薦めします。 

 

 

 

オススメの妊活サプリを紹介

◆新妊活サプリ「ベジママ」

  21 妊活サプリを試してみるならまずはベジママから!
1日4粒で、流産後の妊活に有効な成分葉酸」「ピニトール」「ルイボス」が 、バランスよく摂取できるサプリ「ベジママ」は、初回50%OFFの2,750円公式サイトから購入できます。

全額返金保証もついているので、安心して始められます。
  ベジママ

◆ベルタ葉酸サプリ

top-3
2015年モンドセレクション金賞を受賞したベルタ葉酸サプリは、厚生労働省が推奨する葉酸の1日摂取量が取れるだけでなく、27種類のビタミンやミネラルなど、妊活期から妊初期にかけて必要な栄養素を摂ることができます。

夫婦でベルタ葉酸を摂取したい方の為に、男性用も用意されていて、夫婦で妊活に向かっていくことができます。

6回以上の定期便契約で、3,980円(税別)で購入できて、送料も無料です。
ベルタ葉酸サプリは、公式サイトから購入がおススメです。
40才妊活

◆葉酸サプリ+「美タミーナ」

mina01
あまりたくさんの成分を摂りたくないので、葉酸を多く含むサプリメントを希望する方に、おすすめできるオーガニックサプリ美タミーナ」は、人気お笑い芸人「みかんさん」の体験をもとに開発された、厚生労働省が推奨する成分葉酸が1日に必要な分0.04mgが、1か月3,980円でシッカリ摂れるサプリです。
購入は公式サイトからが安心です。
 
 

 おすすめしたい排卵検査薬「Clearblur(クリアブルー)」

 

自然妊娠を希望する場合欠かせないのが排卵検査薬です。

そこでおすすめしたい排卵検査薬は、日本で唯一承認されているアメリカのThe Clearblue社製排卵検査薬クリアブルーです。

排卵陽性の判断は、かわいいニコちゃんマークで表示!
陽性か陰性かの判断に困ることがなく正確で解かりやすい。


当サイトおすすめの排卵検査薬 ⇒ クリアブルー