天然葉酸サプリと合成葉酸サプリの違い


catch155
妊活中に摂るといいとされる葉酸ですが、野菜などから1日に必要とされている400μgを摂ることは大変と言われています。
それは、葉酸は水溶性ビタミンであるために、調理段階でどんどん流れ出てしまい、料理が出来上がった時には、ほんのわずかになってしまうのです。
食事だけで葉酸を摂ろうとすると、ホウレンソウであれば1束は生で食べなくてはいけなくなります。

そんな大変な思いをしなくても、適切な量の葉酸を摂取するために、栄養補助食品である葉酸サプリを摂ることが厚生労働省からも勧められています。

葉酸サプリをいいろいろと調べていると、天然葉酸と合成葉酸という言葉を見かけます。

天然と合成の違いとはいったいどんなことなんでしょうか?

 

●天然葉酸とは

天然葉酸はポリグルタミン酸型葉酸と言われ、ホウレンソウなど食物由来の原料を使用したものを主に天然葉酸サプリと呼んでいます。
今流行りのオーガニックなものだけを原料にしたわけではありません。

天然葉酸(ポリグルタミン酸型)だと、実際に体内に吸収できる量が性質上半分になってしまうので、結局は800μg摂取しないと適正量摂ることができません。

天然葉酸400μg配合と記載されている葉酸サプリでも、実際は200μgしか体内に取り込めないということになります。

あくまでも天然にこだわりたい方は、1日の摂取量をうまく食事と合わせないといけないかなりの労力が必要となります。

 

●合成葉酸とは

合成葉酸はモノグルタミン酸型葉酸です。
どうしても合成というと、石油製品を連想してしまいますが、合成葉酸に関しては、決して化学合成で作られた葉酸のことを言っているわけではありません。

石油成分が含まれているわけでなく、体内に吸収されやすいように合成をした葉酸ということになります。
実際に、ベルタ葉酸サプリは天然型酵母を培養した葉酸が配合されています。
その他のサプリでも、今注目されているミドリムシを原料としているものもあります。

吸収しやすいように、葉酸と葉酸を合わせたものが合成葉酸と理解してもらうといいでしょう。

実際、合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)は体内への吸収率が良く、80%以上が吸収される性質がると証明されています。

厚生労働省も葉酸の摂取を推奨していますが、内容は合成葉酸の摂取を勧めているんです。

 

●天然葉酸、合成葉酸どちらがいいのか

妊活中で、効率的に葉酸を1日推奨量1μg摂るのであれば、体内吸収量が80%を超える合成葉酸サプリをお勧めします。
天然葉酸には人気のあるサプリもありますが、厚生労働省も勧めている合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)のほうが、確実に葉酸を体内に取り込めます。

数ある葉酸サプリになかには、本当に化学物質や石油由来から人工的に作られた葉酸が使用されているものもありますので、人工的に作られた葉酸が使用されていないかしっかりと吟味する必要があります。

食品由来で葉酸を抽出した、合成葉酸サプリを選ぶと、安全に葉酸の推奨摂取量400μgを摂取することができます。

 

以下では、合成葉酸を使用したサプリメントのおすすめを紹介しています。