妊活中のストレス緩和におすすめはアロマテラピー


catch131

 

妊活中はうまくいかずに苛々したり、不安になったりしますよね。

ストレスはホルモンバランスを崩す作用があり、妊活中の女性にとっては大敵です。

ストレスがたまっているなと感じたら、アロマテラピーを一度試してみませんか?

匂いを嗅ぐだけで癒されますよ。

 

 ●アロマの炊き方

catch132

 専用のディフューザーもありますが、精油あれば簡単です。
蓋をあけて匂いを嗅ぐだけで十分効果があります。

私は冬は加湿器、夏は除湿機に数的たらしています。

これは一石二鳥ですよね。

ただコップに水を入れ、精油を2~3滴たらしておいておくだけでも効果あありますし、ハンカチに1滴たらしておくだけでも効果はあります。

自然の香りなので香水と違って不快感はありません。


●アロマキャンドルで癒し効果

catch133

 色々な方法はありますが、夜お風呂に入ってる時にアロマキャンドルで温かい火の光にともされながら、ゆっくりリラックスしたいですね。

お風呂に入るという血行促進とアロマの効能でこちらも一石二鳥で妊娠しやすい身体を目指しましょう。


●私のお勧めのアロマは?

catch140

 レモングラスです。
すごくリラックス出来たり、やる気が出たり安心したりと多方面で活躍してくれています。

ストレスに弱いので常に精油を持ち歩いて苛々したら蓋をあけて匂いを嗅いだりしています。

 ちなみに効能は、精神面では刺激を与えてくれる香りが、疲れた心に元気を与えてくれます。
体への効能は、胃腸の調子を整える、お肌の調子を整えるなどです。
水溶性のビタミンAが沢山含まれているので、免疫系、リンパ系、血液、体液の循環にいいと言われています。

ストレスは大敵なので、自分にあった精油でストレス発散しましょう。

ちなみに以下は妊娠しやすい体作りの効能があるものです。


○ローズ

catch134

女性ホルモンバランスを整え、生理不順や生理痛、生理前の不快な症状を緩和する作用があります。女性ホルモンを整えることによって、妊娠しやすい体質になります。

そして、ストレスを解消し、マイナスな気持ちも解きほぐしてくれるという精神面の効果もあります。

 ○イランイラン

catch138

(出典元:ウィキペディア

女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整えてくれます。
女性ホルモンが不足していると妊娠しにくくなります。
女性ホルモンの分泌を促すことは妊娠しやすい体質づくりに欠かせません。

気持ちを落ち着かせてくれる効果もあり、妊活中の不安や憂鬱の解消など精神面の効能もあります。

 ○ゼラニウム

catch135

血行の促進と生理不順を改善する作用があります。

冷え症を改善して基礎体温の高温期の平均体温があげることによって妊娠しやすい身体づくりになります。

 ○ペパーミント

catch136

鎮痛作用があるため、頭痛や生理痛などの痛みを緩和する作用があります。
精神面では、頭をすっきりさせリフレッシュしやる気を起こしたい時にぴったりです。

また、不妊で悩んでで気分がマイナス思考になってる時、不安になっている時など気分転換したいときにおすすめです。

 余談ですが夏はごきぶり対策にペパーミントを育てていると、近寄ってこないという効果もあります。

気分転換しながら、夏場の虫対策にもいかがでしょうか。

 ○ココナッツ

catch137

腸内環境を整え、便秘を解消する効能があります。
腸内環境を整えることは体質改善をしていることと一緒になるので、妊娠しやすい体質になりやすいと言われています。

 他にも沢山ありますので、自分がリラックスできる香りを探してみてください。

自然の香りで癒されるのはとてもいいことですよね。

ただし、中には子宮を収縮される効果があるものもあるので、アロマを楽しむのであれば理解しておいて、妊娠中は使用しないよう注意しましょう。


●まとめ

 いかがでしたか?アロマって意外に凄いのです。
匂いだけで精神面や体の不調を整えてくれます。

アロママッサージは私はかなり大好きで行きますが、疲れもふっとび晴れ晴れとした気持ちになります。

リンパの流れをよくすることで冷え症もよくなるので、アロママッサージはおすすめです。

catch139

 

是非、一度足を運んでみてください。
精油はネットでも購入できますし、無印製品などの雑貨屋さんでも売っています。是非試してみてくださいね。