排卵検査薬の使い方-正しく使って妊娠確率アップ


catch82

 

● 妊娠しやすい「排卵日」っていつ?

赤ちゃんが欲しいと考えている方や、妊活を始めようと思っている方にまず把握してほしいのが「排卵日」です。
性交渉をしたからすぐに妊娠するわけではなく、タイミングがとても大切です。
多くの方は、排卵日が一番妊娠しやすい、と思っているでしょう。
しかし、実はそうではないのです。

排卵日は、生理開始予定日からおよそ14日前に来ると言われています。
基礎体温をつけていると、その日の前後に、いったん体温が下がる日があります。
その日が排卵日です。
しかし、体調やストレスなどによって前後するため、正確な排卵日を調べるのは難しいのです。

また、排卵日に性交渉をしたのでは、妊娠するタイミングを逃してしまっています。
結論から言うと、排卵日の2日前が最も妊娠する確率が高いのです。
その確率、排卵日当日と比べると4倍にもなると言われています。

精子が女性の体内で生きていられるのは、2日~長くても1週間です。
射精直後の精子には受精能力がなく、子宮腔を進みながら、受精能力を獲得します。
そして、射精から5~6時間後に受精可能運動が出来るようになり、受精可能期間は1日半(36時間)と言われています。

一方、卵子の受精可能期間は、排卵後6~8時間と言われています。
妊娠するためには、排卵後6時間の卵子と、射精後48時間以内の精子が必要です。
つまり、排卵してから性交渉をしたのでは、タイミングがずれてしまっています。

排卵したときには、すでに精子が待っている状態が理想的です。
しかし、前述のとおり、基礎体温は不安定のため、正確な排卵日を知ることは難しいのです。
では、どうすれば正確にわかるのでしょうか。

産婦人科で検査してもらうことも可能です。
不妊治療でも行われる、タイミング法という治療になります。
超音波検査や血液検査を行うことで、排卵日はもちろん、排卵時間まで、かなり正確に予測できます。
医師から性交渉を行う時間までも聞いてしまうと、「その時間にしないと!」と焦ってしまったり、特に男性はプレッシャーを感じてしまうこともあるようです。

たまには治療をお休みしてみたり、二人でうまく息抜きをしながら、ゆったりとした気持ちで過ごすように心がけましょう。

● 自分たちのペースで妊活を

病院に行かずに排卵日を予測するには、基礎体温を測る方法や、オギノ式、福さん式などありますが、精度で選ぶなら「排卵検査薬」がオススメです。
病院ほどではないものの、正確さは99%以上、排卵日の2日~1日前に陽性反応を表示できます。

尿中には「LH(黄体化ホルモン)」というホルモンが常にありますが、排卵直前にLH濃度が上昇します。
LH濃度が上昇することを、LHサージと言います。
排卵検査薬は、LHサージを検知して、排卵日を特定することができます。

LHサージが始まると、排卵検査薬で尿検査をすると陽性反応が現れます。
最も強い陽性反応が出た日から3日間に性交渉を行うと、妊娠の確率が高くなります。
「最も強い陽性反応」ですから、検査薬を使うのは1回だけではないのです。
生理周期が規則的な場合、排卵日は生理開始日の14日前頃ですが、その3日前くらいから陽性反応が出なくなるまで使います。
不規則な場合は、過去の生理周期の最短日数で仮定し、その17日前から検査薬を使用してみると良いでしょう。

● オススメの排卵検査薬は?

排卵検査薬は、日本製のものと海外製のものがあります。
海外製のものはインターネット通販で購入できますが、日本製のものは、薬事法の関係でインターネット通販では購入できないため、ドラッグストアや調剤薬局などでしか購入できません。
しかし、海外で売られている日本製のものは、輸入代行という仕組みなので、インターネット通販でも購入が可能です。
近くに購入できる場所がない人や、薬局などで購入するのに抵抗がある方には嬉しいですね。
では、日本製のものと海外製のものの何が違うのか、比較してみましょう。

<日本製>
・メリット
・信頼性が高い。
・初めて使う人でも簡単に検査が出来る。
・衛生的。
・デメリット
・価格が高く、コストがかかる。(約420円~/1回)

<海外製>
・メリット
・価格が安い。(約80円~/1回)
・正確性に大差はない。
・日本製の検査薬になれている人には使いやすい。
・デメリット
・説明書が日本語ではないので、初めて使う人には向いていない。
・安い分、中には粗悪品が混じっていることも。
・持ち手やキャップがないため、衛生的に気になる人には向いていない。

こう見ると、海外製のものの方がデメリットが多く、不安に感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、「クリアブルー イージーデジタル」なら、日本でも医療機器で有名なオムロンから販売されていますので、信頼性は高いですよね。
ドラッグストアなどで、同じ名前で妊娠検査薬も売っているのを目にしたことがある方もいると思います。

日本では妊娠検査薬のみ店頭で販売していて、排卵検査薬はアメリカとヨーロッパのみでの販売となっています。
ですから、購入するにはインターネット通販で海外からになりますが、ネットショップでは使用方法を記載していたり、日本語の説明書をメールやFAXで送ってくれるので、初めての方でも安心して使用できます。

プラスチックの持ち手、キャップがついていますし、結果がデジタル表記な分、他の海外製のものと比べるとコストは少し高めですが、LHサージが始まるとスマイルマークが現れるので、判定結果がはっきりとわかります。(LHサージがない時は、○が表示されます。)
日本製でも、同じように陽性だとスマイルマークが出る「チェックワン LHデジタル」という製品があります。

10回分で3,800円(380円/1回)ですが、陽性反応が出るのは1日~1日半前。
クリアブルー イージーデジタルは20本で9,580円(479円/1回)とちょっと高めですが、2日前から陽性反応が出るのです。

2日もあれば焦って性交渉をする必要がなく、自分たちのペースで妊活を行えるので、ストレスを感じにくいのではないのでしょうか。

● 排卵検査薬の使い方

検査薬には、尿を直接かけるものと、容器に採取したものに検査薬を浸すものがあります。
日本製のものはどちらでも検査可能ですが、海外製のものは、ほとんどが容器に採取した尿に浸すタイプのものです。

わざわざ検査用の容器を準備しておかなくてはいけないのが面倒だという方は、コストはかかりますが日本製のものがいいでしょう。
海外製のものでも、上記で紹介した「クリアブルー イージーデジタル」はどちらでも検査することができます。

今回は、デジタル仕様の「クリアブルー イージーデジタル」と、アナログ仕様(結果を検査薬に現れる線で見るもの)で最安値の「ドクターズチョイスワンステップ」(アメリカ製)の使い方をご紹介します。

<クリアブルー イージーデジタル>
1.アルミ包装からテストスティックを取り出したらキャップを外し、ピンクの三角マークを確認します。
2.テストスティックを、ホルダーに取り付け、カチッと音がするまで差し込みます。
この時、スティックとホルダーのピンクの三角マークが向き合うように合わせます。
3.ホルダーの小窓にテストマークが表示されたら、すぐに次のいずれかの方法で検査を行います。

※テストマークが表示されない場合は、スティックを取り外し、再度差し込みなおします。
(それでも表示されない場合は、購入したところに問い合わせてください。)
・直接、スティックに尿をかける方法
・尿がホルダーにかからないように注意して、スティックに5~7秒かけます。
・容器に尿を入れてからスティックを浸す方法
・清潔で乾いた状態の容器に尿をとり、スティックを15秒浸します。
4.キャップをして余計な尿を拭き取ったら、検査結果を待ちます。
・スティックを下に向けるか、ホルダーを平らなところに置きます。
・途中、スティックを外さないでください。
・検査中は、テストマークが20~40秒点滅します。
・テストマーク点滅から約3分後、ディスプレイに結果が表示されます。
・結果の見方
・○の場合 : 陰性
・スマイルマークの場合 : 陽性(2日以内に性交渉を行うと、妊娠の可能性大)

 

niko

<ドクターズチョイス ワンステップ>
1.清潔で乾いた状態の容器に尿を取ります。
2.ワンステップ(試験紙)を個包装から取り出し、3秒間、尿に浸します。
この時、試験紙の先の向きが、尿に垂直になるようにして、マックスライン(黒い太線)を超えないように注意します。
3.清潔で乾燥した、吸収性のない入らな場所に置いて、検査結果を待ちます。
・5分以内にピンクのラインが現れます。
※5分以上経過したものは判定の対象になりません。
・結果の見方(尿をかけた方を下にして見た時)
上部のライン→コントロールライン
下部のライン→テストライン
・コントロールラインのみ : :陰性
・コントロールラインに濃いラインとテストラインに薄いライン : :陰性
・コントロールライン、テストともに濃いライン : 陽性
(2日以内に性交渉を行うと、妊娠の可能性大)
・ラインが現れない、またはテストラインに濃いライン : エラー
(新しい試験紙で再検査が必要)

☆排卵検査薬を使用する上での注意点

・使用期間を過ぎているものは使用しないでください。
・個包装に穴が開いていたり、開いているものは使用しないでください。
・小さいお子様の手の届かないところに保管してください。
・使用後のスティック・試験紙は使い捨てです。使用後は速やかに破棄してください。
・尿を採取する際に使う容器は、必ず清潔で乾燥しているものを使用してください。
・4~30℃の室温内で、密閉された乾燥した場所に保管してください。(冷蔵・冷凍庫は不可)
・類似品にご注意ください。
・採尿前2時間は水分を控えてください。

● 正しい結果を得るために

排卵検査薬を使う時間帯は何時ごろでも構いませんが、毎日同じ時間帯に検査し、使用後は写真やメモなどで記録を取っておくと良いでしょう。

アナログ仕様を使った場合、ラインの色の違いがはっきりわかります。
また、合わせて基礎体温も記録しておくことで、より正確に排卵日が予測できます。
しかし、99%以上の正確さとは言っても、100%正しいとも言えず、下記の場合は誤った結果が出ることもあります。

・月経周期が不規則な場合
・検査開始日を間違えた場合
・分泌されるLHが低濃度あるいはLHサージが短時間で終了した場合
・大量の水分摂取等で、尿中LH濃度が低下した場合
・妊娠している場合
・分娩後
・流産後
・閉経期の場合(成熟期以降の婦人のLH濃度は年齢とともに増加する傾向がある)
・人工妊娠中絶後
・hCg産生腫瘍の場合
・異常妊娠の場合(胞状奇胎等)
・不妊治療の薬物療法時(hCg製剤等)
・内分泌障害の場合
・尿が過度に濃縮される等により尿中LH濃度が上昇した場合
・正しく操作が行われなかった場合

 

体質によっても結果を読み取りにくい場合もあるので、その場合は複数の排卵検査薬を試してみると良いでしょう。

また、ちゃんと生理は来るのに、排卵検査薬を使っても反応がない場合、何らかの理由で排卵していない可能性もあります。
その場合は、きちんと病院で診てもらいましょう。

病院では「排卵誘発剤」が処方される場合もありますが、多胎率(双子や三つ子が生まれる確率)や流産の確率が高くなったり、卵巣が腫れてしまうなどの副作用もあります。
そこでオススメなのは、妊娠している人が摂取するといいと言われている「葉酸」の摂取です。

葉酸は、胎児の発育に欠かせない栄養素だというほかに、排卵障害を改善する働きもあるのです。
葉酸を摂ることによって、卵胞の発育が良くなり、黄体化ホルモンの分泌も良くなるのです。
妊娠している女性が摂る栄養素、というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

子供を望む男性が摂取することにより、染色体異常を軽減することも分かっています。
摂取量の目安は、1日に、男女ともに240マイクログラム、妊娠中または妊娠の可能性がある方は400マイクログラムです。
240マイクログラムですと、日本人の普段の食生活で不足する心配はありません。
しかし、400マイクログラムとなると倍近くになるので、熱にも水にも弱い葉酸を食事で摂るのは難しいですよね。

ほうれん草にすると、7束も食べなくてはいけないのです。

サプリメントなら、効率よく摂取できますし、葉酸だけではなく、鉄分やカルシウムなども同時に摂ることができます。
葉酸サプリなら何でもいいわけではなく、安心・安全なものを選びましょう。

また、多量に飲めばいいというものでもないので、用量を守って摂取してください。
「不妊治療」や「妊活」を行っているご夫婦が、性交渉自体が義務的になったり、夫婦仲がギクシャクしてしまった、という話も耳にしますが、とても悲しいことですよね。

ストレスを感じてしまわないように、気分転換に夫婦で旅行に行ってみたり、趣味を楽しんだりと、そういう時にこそ夫婦で支え合っていきたいですね。

 

 


オススメの妊活サプリを紹介

◆新妊活サプリ「ベジママ」

  21 妊活サプリを試してみるならまずはベジママから!
1日4粒で、流産後の妊活に有効な成分葉酸」「ピニトール」「ルイボス」が 、バランスよく摂取できるサプリ「ベジママ」は、初回50%OFFの2,750円公式サイトから購入できます。

全額返金保証もついているので、安心して始められます。
  ベジママ

◆ベルタ葉酸サプリ

top-3
2015年モンドセレクション金賞を受賞したベルタ葉酸サプリは、厚生労働省が推奨する葉酸の1日摂取量が取れるだけでなく、27種類のビタミンやミネラルなど、妊活期から妊初期にかけて必要な栄養素を摂ることができます。

夫婦でベルタ葉酸を摂取したい方の為に、男性用も用意されていて、夫婦で妊活に向かっていくことができます。

6回以上の定期便契約で、3,980円(税別)で購入できて、送料も無料です。
ベルタ葉酸サプリは、公式サイトから購入がおススメです。
40才妊活

◆葉酸サプリ+「美タミーナ」

mina01
あまりたくさんの成分を摂りたくないので、葉酸を多く含むサプリメントを希望する方に、おすすめできるオーガニックサプリ美タミーナ」は、人気お笑い芸人「みかんさん」の体験をもとに開発された、厚生労働省が推奨する成分葉酸が1日に必要な分0.04mgが、1か月3,980円でシッカリ摂れるサプリです。
購入は公式サイトからが安心です。
 

 おすすめしたい排卵検査薬「Clearblur(クリアブルー)」

 

自然妊娠を希望する場合欠かせないのが排卵検査薬です。

そこでおすすめしたい排卵検査薬は、日本で唯一承認されているアメリカのThe Clearblue社製排卵検査薬クリアブルーです。

排卵陽性の判断は、かわいいニコちゃんマークで表示!
陽性か陰性かの判断に困ることがなく正確で解かりやすい。


当サイトおすすめの排卵検査薬 ⇒ クリアブルー