全年齢共通!赤ちゃんを迎えるため妊活中に気を付けたいNG食材


妊活を開始するにあたって、改善しなくてはいけないのが食事です。

私たちの体は、自分が口にした食べ物からできています。

catch73

 

お腹に宿る赤ちゃんだって、あなたの口にしている食べ物が元になっています。

化学薬品にまみれた食材や、生産地が分からないような食材などを口にしていては、安心して赤ちゃんはお腹の中で育つことが出来ません。

妊活中に食事の改善をおススメしていますが、食べ過ぎるのは避けた方がいい食材があります。

代表的なものをいくつか紹介していきます。

○妊活中はNGな食材

通常積極的に摂りましょうと言われている食材も、摂りすぎると妊活中の場合、害になる場合があります。

・レバー

catch74
貧血予防に良いですが、ビタミンAが豊富に含まれているため、少量でも過剰摂取になりやすく、ビタミンAの過剰摂取は胎児の奇形の可能性が増すと報告されています。
奇形を起こす危険摂取量は、1日7,800μg以上です。
豚レバー100g→13,000μg
鶏レバー100g→14,000μg
牛レバー100g→1,100μg
少し食べただけで、摂取量をオーバーしてしまいますので、注意が必要です。

どうしても食べたい場合、牛レバーを選ぶようにしましょう。

・生肉

catch75
生肉には、原虫の一種であるトキソプラズマが付着していたり含まれる場合があります。
トキソプラズマに妊婦が感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、精神の発達の遅れや脳性まひなど先天性障害を起こす可能性があります。
加熱が不十分な肉を食べたり、動物のフンが含まれる土などを触ることで感染をします。
妊活中から妊娠中も、生肉は避け、67度以上に加熱をした肉を食べるようにしましょう。

・ナチュラルチーズ

catch76
低温殺菌されていない軟らかい食感のチーズのことを言います。
カマンベールチーズやブルーチーズなどです。
殺菌されていないチーズにはリステリアという細菌が、子宮や胎盤につきやすく、不妊症の原因になると言われています。
調理にチーズが必要な場合は、パルメザンチーズやカッテージチーズなど低温殺菌されているものを選ぶようにしましょう。

・加工食品

catch77
妊活中でも仕事やお出掛けで遅くなった時に、非常に助かる加工食品ですが、加工食品に多く含まれるトランス脂肪酸が排卵に対して悪影響を与えると指摘されています。
トランス脂肪酸が含まれる食品としては、
・マーガリン
・ピーナッツバター
・冷凍食品
・ファストフード
・インスタント食品
など、便利で美味しいものになります。

排卵に悪影響を与えるのであれば、取らないことに越したことはないですね。

・カフェイン

catch78
カフェインはコーヒーや紅茶などに含まれています。
カフェインは体を冷やす作用があると言われています。
冷えない為には温かいコーヒーを飲めば良さそうですが、カフェインの作用によって、一時的に温かくなっても体は冷えてしまいます。
体の冷えは、不妊の原因になりますので、注意が必要です。
1日に500mg以上コーヒーを飲む女性は不妊のリスクが45%高まり、約300mgのカフェインを摂ると、流産しやすくなるとのデーターがあります。

少しでも妊娠の可能性を高めるために、カフェインが多く含まれるものは避けるようにしましょう。

・アルコール

catch79
妊活中にアルコールを摂取すると、不妊の確率が60%もアップするというデーターがあるそうです。
妊娠中のアルコールがいけないことは、今は当たり前のこととして知られていますが、妊活中についてアルコール摂取の影響はあまり話題になっていませんでした。

しかし、妊娠しているのが分かるのが、妊娠して数週間過ぎてからという事を考えても、妊活をするならば、アルコールは控えるようにした方が、リスクを少なくできます。
生肉以外の食材に関しては、過剰摂取にならないように気をつけて、どうしても食べたい場合は、量に気をつけるようにしたいですね。

 

○妊活は食生活の見直しのチャンス

妊活について考えると、不妊治療に重点を当ててしまいがちですが、病院だけに頼らなくても、できる事は沢山あります。
食生活の見直しについては、夫婦で体の負担なく改善していくことができます。

外食やインスタント食品を減らして、家族で食事を用意して、会話を楽しみながら食事をしてはいかがでしょうか?
家庭に会話や笑顔が増えれば、それも妊活にプラスに働きます。
イライラして、ケンカばかりでは、赤ちゃんはやってくることができません。

妊娠力をアップする食材についてのページを参考に、無理のない妊活をすすめていきましょう。