不妊治療を始めるタイミングは?不妊治療で妊娠する前にできること


子どもが欲しいと思っていてもなかなか授かれない
そんな時に考えるのが不妊治療だと思います。

不妊治療については、悪いことをするような気持ちを持っている人が多いのではないでしょうか?

 

catch03

まだ日本では不妊治療と言うと、認知度が低く感じられますが、30人に1~2人は不妊治療を経て生まれてきた子になると言われています。

小学校ですと、一クラスに1~2人いることになります。

ハーフの子も珍しくなくなった時代ですし、同じようにあまり珍しいことではなくなってきているようですね。

では、不妊治療はいつ始めるのがいいのでしょうか?

実際に行われている不妊治療は数種類あります。
妊娠を望む方の年齢や身体の状況に応じて変化してく様です。

 

1.タイミング法

catch16
基礎体温を毎朝測り、排卵日を予測します。
排卵日に合わせて性行為を行い妊娠の確率を高める方法です。
自然に妊娠するのと同じ方法ですが、病院で排卵日の予測をしてもらうことで妊娠確率が高まります。
費用は数千円~1万円。

 

2.薬物療法

catch17
通院して、排卵を誘発する薬を使用して、人工的に排卵日を作ります
排卵誘発剤の種類は、錠剤や注射などがあり、錠剤の場合は数日間継続して服用します。
注射の場合も、数日間連続で病院に通い注射をしなくてはいけません。
費用は、数千円~1万円。

 

3.手術療法

catch18
子どもがなかなか出来ないことで、病院で詳しく検査をして初めて見つかるような、子宮筋腫や子宮内膜症、卵管の障害などを取り除くために手術を行うことがあります。
身体への負担が軽く済む腹腔鏡や子宮鏡手術が一般的になっているようですが、場合によっては、開腹手術で不具合のある場所を取り除くこともあります。
妊娠に対しての不具合を取り除くことで、妊娠の確率はグッと上がります。

 

 

一般的な不妊治療は上記の3種類ですが、それでも妊娠に至らなかった場合は、体外受精顕微授精などの治療へと移行していきます。

一般的な治療内容を見ても分かるように、不妊治療は期間を必要とします。
妊活は、始めてすぐに効果が出るものではないんです。

 

期間がかかるということは、少しでも早く始めるほうがいいということですよね。

 

年齢については、20代でもかまいません。

40代でも、生理がある間は妊娠を考えて治療を受けるのはいいことだと思います。

 

しかし、月に何度か病院に足を運んで、そのたびに移動費用や診察費用、お薬や注射の費用が掛かってきます。

不妊は病気ではないと考えられているために、薬などの費用は保険がきかないので、長く期間がかかるとなると、お金の心配も出ています。

今は、仕事をしている女性が多いので、通院のたびにお休みを取ったりと時間をとられると、不妊治療に対して理解の無い職場だと働きづらくなる場合もあるようです。

そうなるのを恐れて、なかなか病院での不妊治療に踏み切れない女性が多いのも分かります。

でも、子どもが出来ないことで、仕事や家族など周りのことで八方塞がりになってしまう前に、なにか一つ妊娠に向けて始めてみませんか?

一番簡単な妊活のスタートは、自分の体の体質改善です!
できればご主人も一緒に行うのが理想です。

体質改善の為に妊活サプリを摂ってみることはいかがでしょうか?

・少しの食事改善
・少しの生活習慣改善

そして妊活サプリ

これだけで、妊活に向けて一歩進んだことになります。

子どもが欲しいけど・・・と 考えているならば、
まず、妊活サプリを始めてみてください。

妊活サプリは、沢山発売されていますが、沢山の種類を摂ると栄養成分が重複してしまい過剰摂取になり、かえって体調を壊す原因になります。
できれば、
1種類でバランスよく妊活に必要な成分が入っている。
・天然の原料を使用している。
この2つはサプリを選ぶ際に必要になります。

妊活サプリで検索すると、沢山のサプリが出てくると思いますが、その中でも私が安心しておススメできるのはベジママです。

金額も4,680円とお手頃なのですが、妊活は継続することが大切なので、毎月家に届けてくれる定期プランがあるのが、買い忘れることもなく安心です。

ドラックストアなどで売られているサプリだとレジで、「この人、妊活してるんだぁ」と思われるんじゃないかと気になでしょうし、体に入れるものなので、配合されている成分の安全性も気になりますよね。

ここでおすすめする妊活サプリのベジママ(VEGEMAMA)は国内の管理された工場で加工されているので、安心して摂ることができます。

大量生産で販売しているものではないので、製造年月日を気にすることもなく、毎月手元に届けられるものを安心して服用することができるんです。

ただでさえ妊活と言うと、心やお金負担がかかるものなので、少しでも負担を軽くしていきませんか?

ベジママについてはこちらのページにも書いていますので、参考にしてみてください。

 


オススメの妊活サプリを紹介

◆新妊活サプリ「ベジママ」

  21 妊活サプリを試してみるならまずはベジママから!
1日4粒で、流産後の妊活に有効な成分葉酸」「ピニトール」「ルイボス」が 、バランスよく摂取できるサプリ「ベジママ」は、初回50%OFFの2,750円公式サイトから購入できます。

全額返金保証もついているので、安心して始められます。
  ベジママ

◆ベルタ葉酸サプリ

top-3
2015年モンドセレクション金賞を受賞したベルタ葉酸サプリは、厚生労働省が推奨する葉酸の1日摂取量が取れるだけでなく、27種類のビタミンやミネラルなど、妊活期から妊初期にかけて必要な栄養素を摂ることができます。

夫婦でベルタ葉酸を摂取したい方の為に、男性用も用意されていて、夫婦で妊活に向かっていくことができます。

6回以上の定期便契約で、3,980円(税別)で購入できて、送料も無料です。
ベルタ葉酸サプリは、公式サイトから購入がおススメです。
40才妊活

◆葉酸サプリ+「美タミーナ」

mina01
あまりたくさんの成分を摂りたくないので、葉酸を多く含むサプリメントを希望する方に、おすすめできるオーガニックサプリ美タミーナ」は、人気お笑い芸人「みかんさん」の体験をもとに開発された、厚生労働省が推奨する成分葉酸が1日に必要な分0.04mgが、1か月3,980円でシッカリ摂れるサプリです。
購入は公式サイトからが安心です。
 

 おすすめしたい排卵検査薬「Clearblur(クリアブルー)」

 

自然妊娠を希望する場合欠かせないのが排卵検査薬です。

そこでおすすめしたい排卵検査薬は、日本で唯一承認されているアメリカのThe Clearblue社製排卵検査薬クリアブルーです。

排卵陽性の判断は、かわいいニコちゃんマークで表示!
陽性か陰性かの判断に困ることがなく正確で解かりやすい。


当サイトおすすめの排卵検査薬 ⇒ クリアブルー