流産後何度目の生理で妊娠可能か?40歳で妊娠力UPのおすすめ


 

妊娠をしたいと考えている40代の女性はたくさんいらっしゃると思います。

 

しかし、今現在、残念ながら卵子には寿命と言うものがあり、
年齢が上がれば上がるほど妊娠力と言うものが低下するといわれています。

shikyu

妊娠力が低下するのを防ぐために、
積極的に妊娠力アップに役立つ食材を摂るようにしたり、
葉酸マカなど妊娠しやすい体作りを助けてくれる
成分が 摂れる妊活サプリメントを服用したりと、
妊娠するための体質に身体を改善していく必要があります。

 

妊娠に最適なのは20代の女性と言われていて、30代になると女性ホルモンの分泌が衰えてきて、さらに妊娠力と言うものは低下して行き、妊娠をしにくくなってきます。

 

年齢が上がって、40代になると女性ホルモンだけでなく、
卵子の数も減っていき、さらに卵子自体も劣化していき、
妊娠する確率が大幅に下がってしまいます

 

こうなると、不妊外来に病院に通って、人工授精だったり、
さらには体外受精などを選択肢に入れるという方法を
取らざるをおえなくなります。

 

さらに、40代になると、やはり流産やダウン症などの障害リスクも上がってきます。

 

もし流産をしてしまった場合、その後の妊娠する可能性というものも低くなってしまいます。

 

ということで、年齢が上がれば上がるほど妊娠力が低下しますので、
やはり30代後半になっても、40代になっても、
どうしても妊娠をしたい!と思うのであれば、
しっかりと着床をして妊娠継続を可能にするような
体と心づくりをしましょう。

それでもなかなか妊娠できない場合は、産婦人科に通い、
定期的に妊娠をするための不妊治療などを考えなければいけません。

 

しかし、病院に通って不妊治療をする方法は体にも心にも大変な負担になります。
金銭的にも大きな負担になってくることが考えられますので、
産婦人科に行くのは最終手段と考えて、
不妊治療以外にも妊娠をしやすくする方法があれば試してみたいですよね。

 

妊娠しやすい体づくりをするためには
妊娠しやすい体作りを助けてくれるサプリメントを飲み、
そうして妊娠活動=妊活というものを行う必要があります。

 

「サプリを飲む」という妊活を行うことによって、自然流産後、2回目の生理で妊娠ができた!という声も聞かれます。

 

では、
妊娠をしたい!
妊娠をしやすい体にしたい!
と考えている人達には、どういったサプリがいいのか?

 

一般的には、葉酸だったり、さらにはマルチミネラルビタミン、ルイボスなどが妊娠しやすい体づくりに良いといわれていますが、最近ではこれらよりも良い成分「ピニトール」という成分が入ったサプリメントがあるんです。

 

それは、妊活サポートサプリ、「ベジママというサプリです。

 

ピニトールという成分はあまり耳にしたことのない名前ですが、
アイスプラントと言う野菜から抽出できる成分で、
近年、メタボ対策の野菜としても注目されていて、
妊娠しやすくするための体質改善に非常に有力視されています。

 

ベジママで使用しているアイスプラントは、
国内の植物工場など厳しい安全基準で作られているので、
安心してサプリを服用することができます。
これから赤ちゃんを迎えるわけですから、
体にとって安全性は非常に大切です。

 

妊活中だけでなく、妊娠中や産後授乳中でも
お母さんに大切な栄養素を補助するために
ベジママを飲み続けている人は多いそうです。

 

こちらのベジママは今ネットでも
妊娠しやすい体質になると話題となっていて、
妊娠しやすい体づくりにかかせない妊活サプリメントです。